橿原市 債務整理 弁護士 司法書士

お金・借金の相談を橿原市在住の人がするなら?

借金の利子が高い

多重債務の悩み、借金の問題。
お金・借金の悩みは、自分一人だけでは解決するのが難しい、重大な問題です。
しかしいきなり、弁護士や司法書士などに相談しようにも、ちょっと不安な気持ちになってしまう、という方も多いでしょう。
このサイトでは橿原市で債務・借金のことを相談するのに、お勧めの法務事務所・法律事務所を厳選して紹介しています。
インターネットを使って相談することが可能なので、初めて相談する方でも安心です。
また、橿原市の地元の法律事務所や法務事務所もピックアップしているので、それらも参考にしてみてください。

債務整理や借金の相談を橿原市に住んでいる方がするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

橿原市の借金返済・多重債務の悩み相談なら、ココがお勧めです。
弁護士が対応してくれる、全国対応の弁護士事務所です。
初期費用が無料だから、手持ちがなくても安心です。
料金の支払いは、分割払いにも対応しています。
相談料はもちろん無料!
借金取り立てのSTOPもできます。
個人再生、過払い金、自己破産、任意整理、など、債務や借金のことを無料相談することができます。
しかも、窓口では365日24時間、いつでも受け付けてくれます。
フリーダイヤル(通話料金0円)で相談受付が可能なので、借金返済で悩んでいる人も今スグ電話受付ができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今すぐ!24H電話受付☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(とくに女性におすすめ)
全国対応の、過払い・債務の問題を相談できる司法書士事務所です。
任意整理、個人再生、自己破産、などなど、自分に適した方法で、どうにもならない借金問題を解決に導きます。
また、過払い請求は初期費用0円、取り戻した過払い金から費用を支払えます。
任意整理についても、和解成功報酬や減額報酬などは一切支払わなくてよいため、安く解決が可能です。
債権者の数が1〜2件でも対応してくれるのも助かります。
女性スタッフが対応する女性専用の相談窓口(借金返済相談)も用意されているので、女性でも安心です。
まずは無料相談から。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが対応する、女性専用の相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

橿原市の方が債務整理・借金の相談をするならまず、これもおすすめです。
「借金減額シミュレーター」という、インターネットでできる借金の診断ツールです。
カンタンな質問に答えるだけで、どうやって借金を減らすかの方法や、毎月の返済額がいくらになるのかなどが分かります。
いきなり弁護士や司法書士へ直接相談するのは、ちょっと気後れする。
そんな人にピッタリです。
しかも、匿名&無料で利用できます☆
全国に対応しているサービスなので、橿原市在住の方も安心です。

◆特徴◆
  • 3つの質問に答えるだけ!
  • 借金を減らす方法が分かる!
  • 毎月の返済金額がいくらになるのかが分かる!
  • 無料・匿名で利用できる!
  • 全国に対応!
借金・債務の悩み、無料&匿名で診断・相談してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
借金の診断と相談を、無料&匿名で。



弁護士へ相談前の注意



橿原市近くの他の司法書士・弁護士の事務所を紹介

他にも橿原市にはいくつかの法務事務所や法律事務所があります。参考にしてください。


●立石法律事務所
奈良県橿原市内膳町5丁目2-33中和商事八木ビル5F
0744-21-1977
http://tateishi-law.jp

●奈良総合法律事務所
奈良県橿原市内膳町5丁目3-31フクダ不動産八木駅前ビル3F
0744-23-8611
http://nara-law.com

●なら法律事務所
奈良県橿原市内膳町1丁目1-19セレーノビル2F
0744-20-2335
http://legal-findoffice.com

●北岡忠義司法書士事務所
奈良県橿原市内膳町1丁目1-40
0744-22-1158

●玉井司法書士事務所
奈良県橿原市新賀町235-6橋本第1ビル3F
0744-25-7011

●奥田司法書士事務所
奈良県橿原市八木町1丁目7-39新生ビル2F
0744-24-8918
http://okudaoffice.com

●やまと法律事務所(弁護士法人)
奈良県橿原市八木町1丁目6-23大和信用金庫八木支店ビル4F
0744-24-5315
http://yamato-law.com

●司法書士オフィス道
奈良県橿原市新賀町209-3上田ビル3F
0744-23-6868

●原田司法書士事務所
奈良県橿原市木原町181-5
0744-26-2545
http://h-legal.jp

●かしはら総合司法書士事務所
奈良県橿原市新賀町136-2
0744-22-3801

●橿原法律事務所
奈良県橿原市久米町586森川ビル2F
0744-28-2197
http://narachuo-law.com

地元橿原市の司法書士や弁護士の事務所に行き、直接相談するのもアリです。
ですが、直接相談よりも、「診断シミュレーター」やインターネットでの無料相談の方が、気後れせずに相談できるのではないでしょうか。

多重債務、橿原市で問題が膨らんだのはなぜ

クレジットカードの分割払いやキャッシング業者などは、高利な利子が付きます。
15%〜20%も利子を払う必要があります。
住宅ローンの金利は0.6%〜4%(年間)くらい、車のローンも年間1.2%〜5%ぐらいなので、その差は火を見るより明らかです。
そのうえ、「出資法」をもとに利子を設定するキャッシング業者の場合、なんと金利0.29などの高い利子をとっていることもあります。
高額な利子を払いながら、借金は増えていく一方。
借金をしたのは自己責任なので仕方ないのですが、高い利子で金額も多いとなると、完済するのは厳しいでしょう。
どう返済すればいいか、もはやなんにも思い付かないのなら、法律事務所・法務事務所に相談してみてはいかがでしょう。
弁護士・司法書士なら、借金・お金問題の解決策を捻り出してくれるはずです。
長期の返済計画になるかもしれませんし、過払い金を返してもらって返済金額が減額するのかもしれません。
まず相談する、これが解決への第一歩です。

橿原市/債務整理は弁護士へ依頼するのがいい?|債務整理

債務整理とは、借金の返済が苦しくなった時に借金を整理して問題の解決を図る法律的なやり方なのです。債務整理には、民事再生、過払い金、任意整理、自己破産の4つの手法があります。
任意整理は、裁判所を介さずに債務者・債権者が直に話合いをし、利子や月々の支払金を抑える手段です。これは、出資法と利息制限法の2種類の法律上の上限利息が違っている事から、大幅に圧縮する事ができるのです。交渉は、個人でも行えますが、普通は弁護士の先生にお願いします。年季の入った弁護士の先生ならば頼んだその段階で面倒は解決すると言っても言い過ぎではないでしょう。
民事再生は、今の状況を裁判所に認めてもらって、住宅ローン以外の借金を大幅に減額してもらうシステムです。この場合も弁護士の方に頼めば申し立てまで出来るので、債務者の負担は減少します。
自己破産は、民事再生、任意整理でも支払できない巨額な借金があるときに、地方裁判所に申し立てて借金を帳消しにしてもらう決め事です。このときも弁護士の先生にお願いすれば、手続きも快調に進むから間違いがないでしょう。
過払い金は、本来なら返す必要がないのに信販会社に払いすぎた金のことで、弁護士又司法書士に依頼するのが普通なのです。
このとおり、債務整理は自身に適した手法を選択すれば、借金のことばかり気にしていた毎日を脱して、人生をやりなおすことができます。弁護士事務所によって、債務整理又は借金に関連する無料相談を実施してる所もありますから、一度、問い合わせてみてはどうでしょうか。

橿原市|自己破産のメリットとデメリットとは/債務整理

どんな方でも簡単にキャッシングができるようになった影響で、膨大な債務を抱え込んで悩み込んでいる方も増えています。
借金返金のためにほかの消費者金融からキャッシングをするようになり、抱えてる債務の総金額を把握できてすらいないと言う方も居るのが現実なのです。
借金により人生を乱さない様に、様に、利用して、抱えてる債務を1度リセットするということもひとつの手口として有効でしょう。
ですけれども、それにはメリットやデメリットがあります。
その後の影響を想像して、慎重に行う事が重要なポイントなのです。
まず長所ですが、なによりも負債が零になると言う事でしょう。
返金に追われる事が無くなるでしょうから、精神的な悩みから解消されるでしょう。
そして不利な点は、自己破産したことにより、借金の存在がご近所の方に知れわたってしまって、社会的な信用がなくなる事が有ると言うことです。
また、新規のキャッシングができない状況になりますので、計画的に日常生活をしなければなりません。
散財したり、金の使いかたが派手な方は、意外に生活水準を下げられないことも有ります。
ですけれども、自分に打ち勝って生活をしていく必要があるでしょう。
このように、自己破産にはデメリットとメリットがあるのです。
どっちが最良の方法かよく熟慮して自己破産申請をする様にしましょう。

関連するページの紹介です